Atelier HY+とは?


Atelier HY+は、ベルリン・シャルロッテンブルク地区の北に位置する日本語とドイツ語で授業を行うアートスクールです。Atelier HY+の "HY"は、Johannes N.Seefried (ヨハネス・ゼーフリード)と 高津戸 優子(タカツド ユウコ) の Spitzname ( ニックネーム ) "Hans"と"Yuko"からそれぞれの頭文字をとりました。そして"+" の後には、このアトリエに訪れる皆さんがプラスされます。

 

2014年にオープンいたしましたアトリエエイチワイプラスですが、様々な背景をお持ちのたくさんの生徒さん方との出会いがあり、おかげさまで6年が経過いたしました。オープンよりご支援くださった一人一人の生徒さんに深く感謝しております。

 2020年は引き続きこのアトリエでの授業を行わせていただきますが、今年度の授業は高津戸が担当となり、2021年4月以降については検討中でございます。(ベルリンで移転先を探す・新たなオンラインクラスの開講など検討中です)しかし、これからもドイツで美大進学を目指す多くの生徒さんのお助けができますよう努めて参りたい所存でございます。

 

どうか引き続き暖かいご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

Team  Atelier HY +

Johannes Seefried

Yuko Takatsudo

ドイツでアートを学ぶ

ベルリンアートスクール Atelier HY+ では、ドイツ美術大学進学を目指す方のために、Hans と Yuko が作品制作と受験のお手伝いをしています。Hansは主にVRとドローイング作品を、Yukoは主に絵画と陶芸作品の制作をしています。ドイツ・ミュンヘンの美大を卒業した後にベルリンでアーティストとして作品制作をしている私達が、制作時の悩みや受験についてのアドバイスさせていただきます。

現代アートの中心地であるベルリンは常に様々なアートイベントが開催されており、滞在するにはとても刺激的な街です。ベルリンに滞在し、ドイツの美大を目指してみませんか? Atelier HY+ が生徒さん同士の交流の場になればと思っております。皆様のお越しを心よりお待ちしております。