Atelier HY+とは?


Atelier HY+は、ベルリン・シャルロッテンブルク地区の北に位置する日本語とドイツ語で授業を行うアートスクールです。

Atelier HY+の "HY"は、Johannes N.Seefried と 高津戸 優子 の Spitzname ( ニックネーム ) "Hans"と"Yuko"からそれぞれの頭文字をとりました。そして"+" の後には、このアトリエに訪れる皆さんがプラスされます。

ベルリンで、自分に合ったペースで絵を学ぶ!

アートスクール Atelier HY+ ではドイツ美術大学を受験される方から、趣味・もしくはスキルアップのためにデッサンや絵画を学びたい方までご自分に合ったクラスをお選び頂けます。授業では鉛筆・木炭・アクリル絵の具・油絵 どれも絵を描く上で基本的な画材を使用しますが、描くことの積み重ね・作者の表現の仕方によってどの画材も立派な一枚の作品を生み出します。アトリエでの制作はもちろんですが、課外授業として美術館を訪れたり、夏は木陰でスケッチをしたり、ベルリンの現代アートのギャラリーを訪れたり、様々なイベント企画して行きたいと思います。

Atelier HY+ が、美術が好きな方の交流の場になればと思います。皆様のお越しを心よりお待ちしております。