よくあるご質問・お問い合わせ


  • 受験に年齢制限はありますか?

一概にはお伝えできませんが、年齢制限は35歳程度、大体の受験生は18~30歳です。各大学・専攻する科により年齢制限は異なり、大学は受験者の提出した書類や作品を見て総合的に応募資格があるかどうかを判断します。デザインよりもファインアート(絵画・インスタレーション)の学科の方が年齢が高めです。

 

  • 高校卒業後の渡独、応募資格について

ドイツの美術大学は応募資格について一定の規定がなく、各大学・専攻する科により規定が異ります。ケースバイケースですので私たちが明確にお答えする事はできません。DAADのこちらのページよくある質問等を参考にしていただいた上で必ず各大学にお問い合わせ下さい。ぺージに掲載されている条件を満たしていなければ全ての大学が受験出来ないということではありません。

また、お問い合わせの時点でお答えできる内容には限りがございます。ドイツ美大受験についての色々な疑問点を個人的に相談してから受講を検討したい と言う方はスカイプでの有料進路相談のご利用をご検討くださいませ。クラス詳細・無料面談のページにて詳細をご覧いただけます。

 

  • 専攻科目、ドイツ美大受験するかを悩んでいますが受講はできますか?

クラスにいらっしゃる時点で美大受験自体を検討中の方や、自分にとってどの科が適しているかお悩みの方、受講中に希望専攻科目が変わる生徒さんもいらっしゃいます。初心者の方は基礎的なことから学び始め、その後興味がある幾つかの専攻を踏まえて作品制作を始めますので受講中にご検討頂けます。専攻自体をお悩みの方は余裕を持ち夏学期からクラス受講を開始いただくことをおすすめ申し上げます。

 

  • ドイツ語が出来なくても受験は可能ですか? 合格の可能性はありますか?

語学力の証明がない大学もごく僅かありますが、そういった大学でも作品について話せる・コミュニケーションできることが最低条件です。印象としては、ファインアート(絵画やインスタレーション)よりもデザインの方が高度なドイツ語能力を求められますが、年々語学能力があることが入学の最低条件として求められている傾向にあります。ディスカッション形式の授業に参加するためにも、必ずしもファインアートは語学力が低くても良い というわけではありません。ドイツ語が出来なければ合格するのは不可能とは言えませんが、語学証明が提出出来なければどんなに英語ができてもそもそも応募資格・入学資格がない場合が殆どです。特にデザイン系は語学力なしでは受験もできない場合がほとんどです。

 

僅かにある受験時にドイツ語証明が必要ない大学等にドイツ語初級でも話せなくてもチャレンジ!という方法もありますが、ドイツ語で書かれている大学の情報をチェックしたり様々な手続きを経て受験・合格し、晴れて学生となり教授や同級生とコミュニケーションをとり勉強をするにはドイツ語取得は必須とお考え下さい。どれぐらいの準備期間を設けるかは生徒さんそれぞれですが、短い準備期間での受験を目指し渡独なさった方も現地で実際に生活をしてみてドイツ語の重要さ・難しさを痛感しています。

 

また、現地の語学学校はドイツ語のみで授業が行われます。日本でドイツ語を勉強してから渡独し現地で語学学校に通い始める時には、文法が出来ていても会話ができなければ上のクラスには行けないこともあります。日本で取得したドイツ語能力よりもランクが一つ二つ下がると思い、余裕を持って計画を立てたほうが良いでしょう。過去の生徒さんで、日本である程度ドイツ語を勉強してから渡独・こちらで中級クラスからスタート出来た方は僅かですがいらっしゃいましたので不可能ではありませんが、余裕を持ち計画を立てることをお勧めいたします。

 

  • ドイツ語が出来なくてもマッペクラスの講評会には参加できますか? 

もちろんご参加いただけますが、クラス講評会やドイツ人講師からの授業はドイツ語・英語で行っておりますことをあらかじめご了承ください。少しづつドイツ語で作品について話す事・作品講評を聞く事に慣れるために、皆さん電子辞書などを利用して聞き取れた単語のメモを取っています。

 

  • ドイツ美大受験を目指しておらずドイツ語が出来なくても、クラスには参加できますか? 

ご参加いただけますが、クラス講評会などではドイツ人の生徒さんもいらっしゃいますため基本的にはドイツ語もしくは英語で行われること・その都度詳細な翻訳はできないことをご了承の上クラス受講をご検討くださいませ。普段の授業では、講師である高津戸とは日本語で、ハンスとはドイツ語・英語と簡単な日本語でコミュニケーションをお取りいただけます。

 

  • ドイツ語の勉強も含めると、どれぐらいの準備期間が必要ですか?

一概には言えませんが、まずは一年ワーホリや語学ビザ・最高二年取得できる学生準備ビザを取得し語学を勉強しながら受験の準備をしている方が殆どです。語学を習得するには現地に滞在し日常で積極的に使用するのが一番です。現地で語学を初級から学び始めるという場合には受験する科にもよりますが、入学までに最低6〜10ヶ月は語学学校に毎日通うのが必須と考えておくと良いと思います。個人差もありますが、ドイツ語は英語よりも難しく半年でペラペラにはなれません。作品制作のみに関して言うと初心者の方や高校卒業したての方は1年、美大卒の方は半年〜と考えて頂ければと思います。早めに始めればそれだけ余裕を持って受験に臨むことが出来ます。応募に向けて作品制作のアドバイスを受ける場として、また実際の応募で不明な点があれば私達がアトリエでお助け致します。

 

  • 志望校はいつ決めたら良いですか?

渡独前に受講開始時点では志望校が定まっていない方が殆どで、志望校はみなさん現地で受験の直前にお決めになります。日本で大学を受験するときをイメージしてみてください。合格が決まり無事入学できたら4、5年その街に住み大学に通うことになります。百聞は一見に如かず、大学のホームページの情報のみでは決められません。どんなに事前にホームページで調べていても実際に行ってみたらイメージと違ったり、逆にさらにここに行きたい!と意思を固める事になるかもしれません。受験校は現地で実際に大学の展示や街の様子をみてから志望校を決めましょう。受験直前の作品数や、もしくは受験中の結果次第でもみなさんの志望校は変わっていきます。

 

  • アトリエで受験についてお話を聞きたいのですが、面談をして頂けますか?

無料面談はクラス受講をご検討中の方にのみ行っております。アトリエの見学並びにクラス内容のご説明・ご本人の状況や志望校等の確認をさせて頂きます。具体的な試験時期や受験方法について個人的な助言は行っておりませんので予めご了承くださいませ。

渡独前に志望校の応募資格について確かめておきたい・ドイツ美大の学位のシステムなどを知りたい・個人的に疑問点などを相談してみたい という方には有料進路相談のご利用をお勧めいたします。ご希望の大学に沿って応募時期や応募要項などを確認しながらカウンセリング、また渡独計画を立てる際のアドバイスをさせていただきます。無料面談は現地でのみ、有料面談は現地でもスカイプでもご利用いただけます。面談をご希望の場合はどうか事前にご予約くださいませ。

 


お問い合わせ

土日・長期休暇を除く3営業日以内にアトリエから返信がない場合、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがある可能性がございます。大変お手数ですがメールアドレスをご確認の上改めてこちらのコンタクトフォーム、もしくはatelierhyplus●gmail.com(●→@)まで直接ご連絡下さいますようお願い申し上げます。

Hinweis: Bitte die mit * gekennzeichneten Felder ausfüllen.

 Wir weisen gem. Datenschutzbestimmungen darauf hin, dass sämtliche uns übermittelten Daten mit Hilfe elektronischer Datenverarbeitung gespeichert und verarbeitet werden.