クラス受講・進学後の留学体験記


ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学 進学体験記 Mさん

ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学のプロダクトデザイン科、ハレ美術大学に合格し、現在はヴァイセンゼー美術大学の学生として勉学に励んでいるMさんの体験記です。Mさんは高校卒業後に渡独、渡独当時未成年ということもありドイツ留学のアフィニティさんのサポートもご利用され、現地ではドイツ人のご家庭でホームステイをしながら午前は語学学校、午後はアトリエでの制作という生活をしていました。1年間の準備は彼女にとって楽なものではなかったと思いますが、とても真面目に、かつアトリエの仲間とも仲良く過ごしお互い情報を交換し合いながら生活を楽しみ、受験に臨んでいました。結果、無事Mさんの第一志望校であるヴァイセンゼー美術大学に合格・進学することができました。今はベルリンでの学生生活をエンジョイしているようで、私達もとても嬉しく思います!

体験記後半では渡独から受験までのスケジュールについても記載されていますので、ぜひ参考に最後までご一読ください。

ニュルンベルク芸術アカデミー 進学体験記 Tさん

ニュルンベルク芸術アカデミーの絵画科に合格、現在在学中のTさんの体験記です。Tさんは日本で大学を卒業後、仕事をしながら留学の資金を集めていたそうです。渡独したのは20代後半で、アトリエにいらっしゃる前には1年間現地で語学学校に通いドイツ語の勉強を、住居はドイツ人の方の元に住んでいました。留学を希望する方は、皆さん様々な背景をお持ちで高校卒業後にすぐに渡独、という方のみではありません。アトリエには1年間在籍されましたがドイツ語の勉強も欠かさず、制作にも真面目に取り組んでいました。一筋縄ではいかない受験、結果が出なかった大学も何校もありましたが、なんとかなると気を持ち直して最後の最後まで諦めずにやり抜いた結果、進学が決まりました!苦戦していただけに喜びはひとしおでした。今は大学生活も数年目となりアルバイトをしながらも大学で作品制作に励んでいるようで、いつもアトリエにいるそうです。Tさんがベルリンに来た時には、いつもアトリエに顔を出しに来てくれています。


クラス受講体験記

日本人・ドイツ人に限らず皆さん様々な大学に進学されています。生徒さんから受講の感想を頂いておりますので参考にして頂けましたら幸いです。

Gallery Blain|Southern にて (Berlin Art Week)
Gallery Blain|Southern にて (Berlin Art Week)
アートメッセPOSITIONSにて (Berlin Art Week)
アートメッセPOSITIONSにて (Berlin Art Week)


よくお問い合わせ頂く事柄をまとめました。

2017年度までのマッペ合格校。